ご挨拶

 寅の年も残すところ数えるばかりとなりました。振り返ってみると、いわき地域では大きな自然災害は無かったものの、ほとんど一年を通してコロナウイルスとの戦いに緊急を強いられた一年だったようと思います。
 しかも昨年流行したデルタ株は、秋になって急激に新規感染者数が減少したのに比べ、今年のオミクロン株の場合、そのような展開とはならず、連日数十人の新規感染者が出ているような状況です。
 加えて今年の場合、多くの専門家がインフルエンザの流行を予測しています。また国の施策として、行動制限や海外への往来もほぼ制限なしとなっています。その為今冬も気の抜けない日々が続きそうです。
 にじの郷でも夏にショートステイ利用者の感染が判明し、保健所の指導もあって暫くの間 新規利用を停止したことによって感染拡大は防げたものの、経営的には大きな痛手を受ける結果となりました。
 何とかこれまで以上に感染対策に意を用いながら、安定した経営環境の確保に努めて参りたいと 考えています。

 今年の冬は ”寒さ厳しい冬”になるとの予報が出ています。利用者はもとより職員一同健康に留意し、新しい年を迎えられるよう願っています。                                                   

冬を思わせる寒風吹く日に

鈴木 英司