ご挨拶

 7月になりました。今年は梅雨に入っても雨が少なく6月後半には早くも梅雨明け宣言がなされ、同時に連日30℃を超える暑さが続きました。専門家の多くは今年はウルトラ級の暑い夏になると予想しています。これも気候温暖化の影響でしょうか。異常気象が異常ではなく当たり前の時代になっているような気がします。
 一方で2月に始まったロシアのウクライナ侵略は4か月を過ぎても未だ終戦の見通しが立たず、異常なまでの円安は輸入品や電気・ガス料金、ガソリン、食料品の値上げをもたらして日常生活を脅かすまでになっています。この先どうなるのか背筋に冷たいものを感じざるを得ません。
 コロナ禍もまた終息への道筋が示されないまま一進一退の状況が続いたままです。
 このような中、虹の会の経営環境は更に厳しさを増していますが、利用者にとっても家族の方にとっても地域の皆さんにも、そして、職員にとってもここにしてよかったと思える施設づくりに努めるというモットーを忘れることなく、厳しい暑さのこの夏を乗り切っていく所存です。
 皆様の変わらぬ御支援・御協力をお願い致します。